私が結婚相談所に登録していた際、お見合い用に撮られた写真・・

以前、結婚相談所に在籍していた頃、お見合い用の写真と…

以前、結婚相談所に入会していた頃、紹介してもらった相手のお見合い用に用意された写真と実際にお会いした姿の違いに驚くことは正直言うと、少なくありませんでした。女なので、紹介してもらっていたのは男性ですが、特に髪の量がなぜか全く違うことがあります。初めての待ち合わせに行った時に発見することができないほど、写真より髪の毛の量があからさまに少量なのです。私はこの件を特に責め立てる気持ちはないのです。髪の量が少ないということが悪いという訳ではありません。でも「写真に偽りがある」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思うのです。お見合い写真を撮影する時に髪の毛をそういったボリュームにできるのならば、お見合いの日当日にも一生懸命頑張ってセットしてきてもらいたいし、できないのなら初めからもともとの髪型で勝負すべきではないのでしょうか。騙されたような感じになって、お見合いにおいても感情が入らなくなってしまいます。男の人はしっかりと考えて私と同じように感じている女性は多いはずです。ですから、男性の方はしっかり考えて写真を撮影された方が良いと思います。

結婚活動初心者さんにとって大切なのは、ある程度はプランを立てて行動することです。

結婚活動をするなら大切なことは、ある程度はプランを決めて行動することです。ちゃんと計画どおりに行動することができる人は、婚活でも良い結果が出やすいものです。第一歩として、婚活する期間を決めておき、次に、自分の経済面をよく考えてその間につかう予算もだいたい決めておいたほうがいいと思います。また、結婚活動中は物事が思うようにいかない場合だってあります。そういった状況が続けばストレスが掛かりやすく、精神的に不安定になりやすいので、何も考えずにいると、そのままじんわりと気付かないうちに良くないほうにはまる可能性もゼロではありません。婚活は、勢いも必要です。反対に、トントン拍子で良いことが起こることだってありえます。そんな時には、その波に乗れるように計画をしっかり決めて婚活に臨みましょう。

もしもあなたが、婚活が目的のアプリを用いて異性との出会いを求めるときは・・

婚活アプリを使用して出会いを探す場合は、注意しておくべきことがあります。ネット上のアプリを通じた出会いの場合、写真・メッセージでは良い雰囲気だったのに実際に出会うと、思っていたのと違ってガッカリする・・・といったケースが頻発します。なので、実際に会ってみてガックリしないためにも、出会う前に、プロフ欄に貼られた画像が自撮りであるなら警戒しておくべきです。使われている写真は、奇跡的にうまく撮影できた画像の可能性もあるし、それに、編集ソフトでいじっているだけかもしれません。さらには、顔の一部がマスクや手で隠れていたり、横顔だけ見せているのも判断が難しいので期待しすぎるのは禁物です。

私は、本当に結婚できるのかな・・そして、相手が見つかるのか…

私も周りの人たちみたいに結婚できるのか、また、結婚相手が見つかるだろうか・・・という漠然とした不安を抱えて生活していました。ですが、最近は結婚活動(婚活)をやっているので、ときには苦労もありますが悩みをあまり感じることがないです。婚活しようとやる気を出した当初、問題だったのは、自分が結婚活動の具体的な方法を全然知らないことでした。婚活(結婚活動)という言葉はよく聞くようになった現在も何をするのかまでは多くの人が知らないと思います。婚活の仕方について調べるとネットサイトのサービスを通じて相手を探す、ということも普通のことだと知りました。私は婚活を理解していなかったので、実際に会って付き合うのが当然だと思っていました。今の婚活の事情を知ったときは、かなり衝撃を受けました。

これまで婚活サイトなどのネットを通じて気に入った異性…

結婚活動サイトで知り合った異性と実際に会ってみたら、写真とは相当にイメージと違っていた!という経験はありませんか。というのは婚活サイトに掲載されているプロフ画像は、男女いずれの場合も、たいてい実際以上にかっこよく、かわいく映っているという風に思っておいた方が良いです。だって何回も繰り返し撮影していったなかの良さそうな写真を選択しているために、本人を目の前にして全くの別人に見えるのもしょうがないのです。さらに、フォトショップなどの便利な画像編集ソフトも普通に使えます。そういったわけで、婚活サイトなどネットを通じてパートナーを見つけるつもりなら、相手の本当のルックスは、写真よりも3割ほど引いた上で、念頭に置いておくことをお勧めします。

結婚活動中の男性に対し、聞いてはならない、しないほうがいい話題があることを知っておいてください。

出会ってすぐ男性に触れてはならないタブーともいえる質問があります。よく話すことですが、それは、給料・勤務先・今載っているクルマ、の3点です。これらの質問をすることがいけない理由は、相手が結婚相手にふさわしい人物か知りたいと願う気持ちも理解できますが、初対面でいきなりこの手の質問をしても、いくら結婚活動の場だとしてもダメです。もしも、結婚してちゃんと生活するにはお金も必要です。なので、男性の経済面を優先したいのなら、年収が何百万円以上と条件が設定されている、または、限定会員で構成される婚活が目的で行われるパーティーかマッチングサイトなどを始めから使用されるのが良いでしょう。そういったサービスなら、上記の男性に引かれてしまう質問をすることなく、いちおう経済力を判断できます。結婚活動(婚活)での失敗を抑える意味でも、自発的に経済的な関する質問をするのはできる限り避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました