婚活をやっていると、「どんなコーディネートをするべきか?」…

婚活を真剣にやっているうちに、ふと、「どんなコーディネートがベストなのだろう?・・

  • 結婚活動を真面目にやっていくと、ふと、どういうコーディネートをすれば良いのかな?という悩みを抱えやすいものです。仮にあなた自身が、ファッションセンスにあまり自信を持てないのなら、オシャレなショップで「マネキン買い」されることをお勧めいたします。なぜなら、マネキンが着用している服装というのは、(上から下まで)ファッションのプロフェッショナルによってコーディネートされているので、失敗するリスクがないからです。万人受けする好感度アップを狙えるコーデがされているので、服に悩まれたら、上から下まで「マネキン買い」で雰囲気を掴み、また同時にファッション雑誌などを見たりして、(ファッション誌だけでなく、通勤途中や電車で見かける人たちの服装に目を向けてもコーディネートの勉強になることはあります。)センスを磨いていくのがお勧めです。
  • 婚活時、女性が相手を探すときには、まず最初に意識するのは、…

  • 結婚活動も恋愛も、、女性がパートナーを探すときには、最初に意識するのは、その男性の清潔感であるのはほぼ間違いありません。例えば、どれほど経済力があろうと、その男性が不潔であれば女性は嫌がります。清潔感に欠けた男性には、結婚のチャンスはまずない、と言えるのです。清潔感があるということはそれぐらい、大事な要素ということです。あなたに万が一、思い当たる節があるのなら、結婚活動で女性との接点を持つ前に、清潔感ある身だしなみを心がけるようにしましょう。ヘアスタイル、バッグ、靴、など、些細な点であろうと女性はきちんとチェックしていますから、結婚活動を成功させるためにも、清潔感が欠如した男性になってしまわないように常に意識して行動しましょう。
  • 私が結婚活動パーティーで出会った男性で印象的な人は何人かいらっしゃるのです・・

  • 私が婚活パーティーで出会った男の人で印象に残った方は何人かいるのですが、ファッションが悪いなあと印象を受けたのは、婚活パーティーに来たとは思えないビーチサンダルに短パン姿の男の人でした。なにしろパーティーの場所は東京都内のオフィス街付近のスポットだった訳ですが、その人はその街においても浮いているようなカジュアルすぎる服装で来ていたことにびっくりしました。スーツで決めてパーティーに来いとは申しませんが、近所のコンビニに行くような服装だと、こういった場ではやっぱり目を引きます。婚活パーティーでは反対に女性側はわりときれいな服装で来られる人も多数いるので、男性側があまりにもラフな格好すぎると、カップルになった後二人並んで歩くのに、やや抵抗があると思います。特にドレスコードは決まってはいませんが、社会人の常識として最低限のマナーは頭に入れて服装を選ぶほうが良いと思います。
  • 婚活では、基本となるルールというものがあります。

  • 最終目的が結婚である婚活においては、基本ともいえるルールが存在します。最低限のマナーともいえることですが、心から結婚を視野に入れて相手を探す、ということです。例えば今、あなたに彼氏・彼女がおらず結婚活動を始めてみようと考えたとします。その時は、最終目的として結婚が自分の意思としてあるのかを再確認してから行動を始めてください。特に、婚活サイトに参加している人たちは、真剣に結婚を考えていて、真剣な想いで結婚相手を探しているんです。結婚が目的ではないのに、婚活サイトを活用するのは基本的に契約違反にあたります。また、真剣に結婚相手を探している人にとっては、迷惑以外の何物でもありません。あなたが、結婚を特別意識していないのなら、また、結婚ではなく、恋愛相手を見つけたいなら、婚活系サイトは止めて、恋活アプリを利用されるのがおすすめです。恋活アプリでは、気軽恋愛がテーマになっているので、こちらのほうが良いと思います。
  • 結婚を真面目に考えたとき、内面よりも収入が大事なのだと痛感します。

  • 結婚することを真剣に考えると内面よりもお金(収入)が大事なのかと疑います。やはり収入の多い少ないは、大きな問題といえます。これは、実際に私が婚活をするようになって痛感したことです。残念ながら私の稼ぎは、あまり多くなくてそれが結婚の障壁となっているのでしょう。そのように思うようになってから自分の勘違いかもしれませんが、婚活パーティなどで知り合った人たちとの会話でもあまり盛り上がらないように思います。最初は、単純に思い過ごしや被害妄想かもしれないと考えていたのですが、何度もそのような経験をすると、やはり結婚活動市場では収入が多いと強みであることは間違いないと確信します。実際に、稼ぎの良い私の知り合いは、婚活を開始して、すぐに入籍しました。私はそんな状況を見て、婚活の非常な現実を思い知らされました。私が結婚活動を成功させるためには、お金の問題をどうにかしないと難しいみたいです。
  • 私が長く結婚活動を続けてみてハッキリわかったのは、看護師・保育士のような仕事は、…

  • 私がしばらく婚活をしてきて感じたこと事があります。それは、看護師さんと保育士さんは男性受けが良いですが、それ以外の医療関係者及び介護職員のような業種は男性からの受けが悪い、ということです。派手で明るい女性はどういうわけか敬遠されやすく、地味で暗い女のほうが有利になる。地味で控えめな雰囲気を持った女性のほうが有利になる。極めつけは、すごく美人より、すごいブスよりも、ほどよくブスが一番モテる、ということです。結婚活動が目的のパーティーに限らず合コンといった場所でも、上記のようなルールがあるようにかんじます。「この人は、なんだか暗いし、地味すぎるなぁ」と感じるような場合でも、「職業は看護師をしています」と言えば、異性からの視線を総取りできるから、面白いと感じます。男性の心が揺らぐ何かがあるんでしょうね。少し前に合コンに参加した時、私と相性が良いと思っていたはずの男性を遅刻してきた看護師の女性にその男性を奪われてしまいました。思い出してみても、かなり悔しいです。
  • タイトルとURLをコピーしました