結婚活動を始めたとき、私の友達が男性を紹介してもらったりお見合いをセッティングしてく・・

結婚活動していたとき、私の友達が男性を紹介してくれたりお見合いをセッティングしてくれたり・・

  • 結婚活動してた際、私の仲の良い友達が良さそうな人を紹介してもらったりすることがよくあり、サポートをしてくれていました。紹介してもらう男性については、前もって、どんな感じの人が教えてもらえるのでとくに心配に感じることもなく二人で会うことが多かったわけですが、そのような場面では、食事しながらという場合が多くお酒がある場でもあるし、お互いに充分大人ですから、それなりに話を合わせるのがマナーだと思うんですよ。でも、会うことになった男性のひとりがまともな大人とはいえない態度だったんです。オシャレを決め込んでいるのか知りませんが深めにかぶっていた帽子も取らず、会話しようとしても目も合わそうともせず、露骨に無愛想な態度をとられました。紹介とは言え、納得して来ているはずなのに呆然としました。そんな態度をとられると、よっぽど私が嫌なんだと普通は思います。なのに、帰ろうと一言も言いません。私の方でも、混乱してしまって思い切って理由を聞くと「人見知りだから、話すのが苦手で」とのこと。それを知り、本当に呆れてしまいました。わざわざ、色々と手配して席を設けてくれた友人になんだか申し訳なくて彼と別れた後事情を話し、謝りました。ていうか、私が悪いワケではないと思うけど。
  • 婚活で出会った相手と話をするとき、互いの趣味について質問すること・・

  • 結婚活動をしていると、異性との会話でパターン的にお互いの趣味を尋ねることがよく遭遇するものです。そのやりとりのなかで、私はある共通点に気づきました。それは「ジムに通う」「映画鑑賞する」と返答する方が私が結婚活動で話をした相手のおよそ半分近く占めるのです。結婚活動パーティーに顔を出し、2人に一人はどっちが趣味なので驚きです。本当にジム通いや映画鑑賞が趣味なのかどうか、についてはわかりませんが、とりえあず、婚活パーティーに参加するのであれば、ジムに通ってみたり、(ジムに行くことは結婚活動のためとはいえ健康的だし自分のためにもなります。)映画を趣味に加えておくと、良いかもしれませんね。
  • 結婚活動は、決まったやり方は存在しません。

  • 婚活は、こうしなくてはいけないというやり方はないです。ですから、単独で行動しても問題はありません。とはいえ、単独行動だとどうしても行動する範囲が狭くなりやすいので、出会いのチャンスも限定されてしまうのが難点ともいえます。自分が結婚活動しているということを赤の他人も含めて周囲に知ってほしくないと思う気持ちがあるからこそ、ひとりで婚活する理由になるのだろうとは思います。でも、よい相手と出会いたいと思っているのであれば、「結婚仲介業者」で探すのが効率的です。単独で結婚活動することに比べたらはるかに出会いのチャンスは多くなります。コストなどは必要ですが、自分のこの先の未来を考えると、そういった点を踏まえると、それほど高額な費用でもないといえます。
  • 結婚についての情報が載っているゼクシィという結婚情報誌・・

  • 結婚情報誌ゼクシィのテレビCMを見たことがあると思います。知る人も多い、ゼクシィのマッチングサービスであるゼクシィ縁結びの場合、利用者のうち、なんと5人のうち、およそ4人、つまり、およそ8割が入会した日から実際に約6ヶ月で理想の相手と出会ったといったデータもあり、良い婚活を、と願っている人にお勧めできるサービスといえます。それに、これまで婚活らしい行動は何一つ取っていなかった、という人にもゼクシィ縁結びはお勧めです。広告などで目にする「リクルート」が運営しているという部分も安心できます。専任のプロコーディネーターが、婚活の指南、軌道修正をしてくれますし、とっても安心感があります。ですから、もしもあなたが婚活サイトを利用してみたいけどどの婚活サイトに入会したらよいか悩んでいる、という婚活初心者の場合や婚活の流れを知りたいと思っているのならぜひ、ゼクシィ縁結びのサービスを利用されてはどうでしょう?価格も良心的な価格設定がされているので、安心してサービスを受けられます。
  • もしあなたが、お見合いイベントでのフリータイムの際・・

  • もし、お見合いイベントのフリータイムの時に、どの人からもまったく話しかけられないと辛いです。その場からすぐさま消え去ってしまいたくなるほど悲惨でものすごく悲しい感じになるでしょう。そういったような、できれば経験したくない悲劇を完全に阻止するために、お見合いパーティーを含む婚活イベントの参加の前に気にかけておくべき肝心なポイントがあります。男の人が女の人を選ぶ時、一番に重視するのは、はっきり言って歳とルックスなのです。年齢に関しては、残酷なことを言いますが若ければ若い方が優勢です。参加するパーティーの設定された年齢の下限ギリギリであれば、苦労せずに人気になれます。反対の場合で上限ギリギリであると、いくら容姿が素晴らしくても苦しい戦いになるでしょう。という事で、男性の条件に飛びついて自分にとって都合の悪い歳が決められているパーティーに無理に出席するより、あなたの年齢よりも年上の同性がたくさん出席しているイベントに参加する方が得策です。
  • お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方…

  • お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な人が来られています。女友達や合コンをする相手を見つけに来た方もいらっしゃいますし、まじめに交際する相手や将来の結婚をする相手を見つけに来た男性も、もちろん大勢いらっしゃいます。女友達とか合コン相手を求めている場合は、今後の婚活につながる可能性もあります。だけど、中には付き合う気持ちなど全くなくて、単に今日一晩の遊ぶ女性を探している時も残念ですがあるのです。私がイベントで話した男の人の中に、「今晩どうですか?」と開口一番に聞いてきた方がいらっしゃいました。とっさに「は?」と聞き返してしまいましたが、その男性は「夏だから解放された気分になるので、女性もそういう気分で来ている人が必ずいるはずだと思った」ということだったのです。当然お断りしたのですが、私を誘ってきたその男の人は最後にはめでたくカップルが成立していたから、女性陣の中にも本当にそういった考えの人がいたという訳になるのです。非常に驚いたことでした。
  • タイトルとURLをコピーしました